ブログトップ | ログイン
fujikawa news
tfujikawa.exblog.jp
カテゴリ:オーディオとレコード( 42 )
CDシングル 2
9月18日月曜日。晴れ。午前0時19度、午後2時33.7度。台風一過の澄んだ陽射し。
9月19日火曜日。晴れ。午前5時19.5度、11時27.4度。

目についたシングルをあれこれと購入。1990~2000年代始まり頃のものたち。ちなみに8cmサイズのCDは日本のみの規格。海外ではシングル、アルバムとも12cmサイズのみ。扱ってみて8cmというサイズは珍妙でおかしみがあるな。
e0195193_11433715.jpg

大滝詠一||幸せな結末/Happy Endで始めよう(1997) テレビドラマの主題歌として、大滝詠一が12年振りにリリースした楽曲。ジャケットは背景違いのファースト(1972)と同じで、男性の顔がグレーから肌色に変えてある。「はっぴいえんど」デビューから37年目。

三上寛||散る葉の後に降る雪の意味も知らず/尾崎神社(1995)1曲目はあれっと思ったが、2曲目でおっ!と。「情念」の持続は大変なんだな。

荒井由美||まちぶせ(1996)1976年に三木聖子に提供してから20年目のセルフカバー。編曲は両方とも松任谷正隆。ユーミンバージョンはスカのリズムに。
e0195193_12000832.jpg

e0195193_12002167.jpg

CDシングルは当時は短冊状に細長くなっていたが、内側の下半分のプラスチック部分を外すとソフトの大きさに畳めるようになっている。

ロッテ歌のアルバム 伊藤ゆかり||小指の思い出(1967)2004年にチョコとCDシングルをセットにする企画商品が作られた。ラジオ番組を再現していて、玉置宏のナレーションがよい感じ。

e0195193_12134804.jpg

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ||ブルー・シャトウ(1967)タイムスリップグリコグループサウンズ(2004)から。チョコとのセット商品。なかなか丁寧に再現されているがB面は収録されていない。「もりとんかつ、いずみにんにく」が定番かな。

三木聖子||まちぶせ(1976)この曲がオリジナルリリース。荒井由美作詞作曲。石川ひとみでヒットした。タイムスリップグリコ青春のメロディー(2003)から。
by fujikawa-t | 2017-09-19 12:20 | オーディオとレコード
John Abercrombie
8月25日金曜日。晴れ。午前5時24.9度、10時33.8度、午後2時34.7度。

ギタリストJohn Abercrombieが8月22日に72才で亡くなった。ライブは一度だけ、Charles Lloydクインテットライブにて。ピックを使わず指で弾く音色が印象的だった。その時のドラムBilly Higginsはそのライブの後直ぐ2001年に亡くなった。

手持ちのレコードをあれこれと聴く。レーベルは何れもECM。
e0195193_12151583.jpg

Sargasso Sea || John Abercrombie / Ralph Towner (1976)この共演は少ない印象。
CURRENT EVENTS || John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine (1985) 好きなアルバム。Alice In Wonderlandでのベースソロが美しい。
Cat 'n' Mouse (2000) Mak Feldman(violin)が加わったカルテット。
John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine (1988) ボストンでのスリリングなライブ。
Novemver (1993) JohnsonとErskineにJohn Surman(sax)が加わったカルテット。
Lift Every Voice || Charles Lloyd (2002) 柔らかなギターの音色がサックスと似合うなあ。何度も聴きたくなるアルバム。

by fujikawa-t | 2017-08-25 12:34 | オーディオとレコード
CDシングル 1
6月20日火曜日。晴れ。午前5時15.9度、正午28.1度。

最近集め出したCDシングル。俗に短冊と言われているもの。作られたのは80年代後半から90年代後半まで。ざっと10年あるかないかの短い期間。21世紀以降は、PCに取り込みのためにはアダプターが必要ということで、普通のCDサイズになった。あまり需要がないのか、探しに行く中古屋では一枚50円前後の扱い。当時が1000円前後と思えば20分の1の価格。最近まで自分のライブラリーにも全く無く、かなり欠落している音楽が多い。テレビを見なかったこともあるかもしれない。ジャケットにCMやドラマ、映画の主題歌の文言が書かれているものが多いから。聴いてみると、時代の音があるなあと。キラキラしたデジタル臭が結構強い。当時はその臭み故、アナログから離れられなかったから手がでなかったのだろう。パッケージに含まれる「カラオケ」とも全く縁がなかったことも。だが、この時代の音楽で青春を過ごした人がいるということで、興味がちょこちょこと。
e0195193_17451111.jpg

The Street Sliders / Baby,Don't Worry (1989) 新しい規格とはいえ、28年前のリリース。アナログからの移行期でもある。ハリーと蘭丸、ファンの友人がいたなあ。
松任谷由実 / 春よ、来い (1994) 1971年に作曲家としてデビューして以来、自らの曲を歌い続けている。すごい。松任谷正隆編曲。中島みゆきもこの頃はこんな感じのような。
竹内まりや / カムフラージュ (1998) デビュー(1978)から20年、27作目のシングル。こちらは山下達郎編曲
小沢健二 / 大人になれば (1996) ビートに変化が。
酒井法子 / 碧いうさぎ (1995) 松田聖子の90年代に被る印象。
THE BOOM / 手紙 (1995) 2曲目砂の岬 Ponta de Areilaは、Milton Nascimentoの名曲。

by fujikawa-t | 2017-06-20 17:59 | オーディオとレコード
大橋弘さんからのレコード 3
4月29日土曜日。晴れ一時雨。午前4時9.2度、午後2時22.8度。虹が出そうな雨。

今日も大橋さんからのレコードを。
e0195193_15201633.jpg


左上から。
Long Hard Ride / THE MARSHALL TUCKER BAND(1976)

DON ELLIS / TEARS OF JOY(1971)
変てこビックバンド。カテゴリー化を拒否する内容。

KAYAK(1974)
SPARTACUS / TRIUMVIRAT(1974)
オランダ、ドイツ発のプログレバンド。

Paradise with an Ocean View / Country Joe McDonald(1975)
FISH RISING /STEVE HILLAGE(1975)

全て当時発売の日本盤。アナログ再発盤(CD化はしている)はおそらくなさそうな。聴くまで内容が分からないレコードたち。どれもお店で手に取ってこなかった、取らないだろうレコードたち。大橋さん曰く、王道もよいが、「周辺」もまたよしとのこと。リアルタイムならではの一言。
by fujikawa-t | 2017-04-29 15:57 | オーディオとレコード
大橋弘さんからのレコード 2
4月28日金曜日。晴れ。午前5時9.3度、午後1時20.9度。まだまだ朝晩は寒いな。

大橋さんのレコードの続きを。
e0195193_17445715.jpg

e0195193_17451485.jpg


上から。
MIKO IN NEW YORK / MIEKO HIROTA BILLY TAYLOR TRIO(1965)
ビートルズからのプレゼント/ミュージック・ライフ10月号・特別付録(1965)
桜の国の散る中を/友川かずき(1980)

1965年(昭和40年)は、今から52年前。
友川かずきも、なかなかな。

by fujikawa-t | 2017-04-28 17:48 | オーディオとレコード
大橋弘さんからのレコード 1
4月27日木曜日。曇り後晴れ。午前5時13.3度、午後2時19.6度。

以前、吉祥寺ヒトトがあった時からお付き合いのある国立在住の写真家の大橋弘さん。ヒトトでも自慢のアナログレコードをかけてられたり、同所でのご自身の個展時に友川かずきを招いたライブをされたり、作品共々すごいなあと思っていた。年齢は私より15歳ほど上。60~70年代の人生や音楽体験が違う。

今日、大橋さんからもう聴かないからとレコードをいただいた。うーん。そのほとんどはリアルタイムに購入とのこと。随分高かった(1枚2000円、2枚組3600円)のではと質問すると、1万円以上だよと。確かに、自分のことを思い出しても本当にレコードは高級品だった。40年以上前でも今と同じ価格なのだからそれはそうだろう。

e0195193_14403996.jpg


その一部より。
左上から、
MOUNTAIN / NANTUCKET SLEIGHRIDE(1971)
Donovan / Open Road (1970)
加川良 / 親愛なるQに捧ぐ(1972)
Paladin / Charge!(1972)
GRAHAM NASH / WILD TALES(1973)
The Beatles / Yellow Submarine(1969)
LED ZEPPELIN(1969)
Steve Hackett / Voyage of the Acolyte(1975)

私の60、70年代と全く被らないわけではないが、随分違う。やはり同時性と個人的指向がある。面白いなあ。

by fujikawa-t | 2017-04-27 15:08 | オーディオとレコード
高田渡を聴く
4月15日土曜日。午前6時14.9度、正午23.3度、午後11時11.1度。
4月16日日曜日。午前5時9度、午後2時25.5度。夏日。

今日4月16日は高田渡の命日(2005年没)。56歳(1949年生まれ)で亡くなっている。それから12年が過ぎた。当時から聴いていなかったが、実家には「うた復権はみだし歌番組」(1968~72)や友部正人の「大阪からやって来た」(1972)、高石友也のレコードが棚に入っていた。彼は岐阜、東京、佐賀、東京、京都、東京と移動して、京都にいる時(1968頃)に音楽活動を始めている。当時の関西は、岡林信康、西岡たかし、フォーククルセイダーズ、高石、友部などなどでなかなか熱かった。「ぶらぶら節」(1968)や「自衛隊に入ろう」(1969)はそんな時代の歌。東京に戻り、「岡林信康コンサート」(高田渡、加川良、岩井宏も参加)(1970)のバックで演奏していた、はっぴいえんど(細野47年、大滝48年、松本49年、鈴木51年生まれ)と中川イサト、岩井、加川らと共に作られた「ごあいさつ」(1971)。その後、「系図」(1972)、「石」(1973)、「FISHIN' ON SUNDAY」(1976)。関西(60年代)の熱気から醒めたけれど、それはそれでよい。68年から70年代半ばにかけての音楽の変遷は時代の変遷とも重なっているな。

e0195193_11223091.jpg

今日は「自転車にのって」の気分。歌詞にある“自転車にのって ちょいとそこまで あるきたいから”は「あるく=でかける」ということか。


by fujikawa-t | 2017-04-16 11:24 | オーディオとレコード
アナログレコード14
1月23日月曜日。晴れ。午前0時1度、11時7.1度。

キャラメルママが参加した「扉の冬」の翌年1974年に作られた2枚のアルバム。これらにも全曲ではないが参加している。編曲、演奏の大切さが伝わってくる。松本隆がドラムではなく、歌謡曲の作詞家としてデビューした最初のアルバムたちでもある。
e0195193_12283069.jpg


アグネスチャン「アグネスの小さな日記」 加藤和彦が3曲提供し、アコースティックギターでも参加している。全体の完成度が高い印象。

南沙織「夏の感情」タイトル曲のベースがかっこいいなあ。A面は筒見京平、B面はカバー集。それぞれになかなか濃い内容。
by fujikawa-t | 2017-01-23 12:46 | オーディオとレコード
DP-50Lと
撮影中の居間の片隅にあるオーディオシステム。アナログプレーヤーはDP-50L。プリメインアンプはRetro Stereo 50。これからスピーカーも新調されるとか。お家にあるレコードを拝聴するのが楽しい。

e0195193_10212893.jpg

by fujikawa-t | 2017-01-17 10:22 | オーディオとレコード
AOKI,hayatoの新譜の撮影
1月11日水曜日。晴れ。午前5時1.3度、午後1時10.2度。

e0195193_16564107.jpg

今日はAOKI,hayatoの新譜『Eco/Room Echo』のLPとCDの撮影をした。
アナログ盤はやはり大きい。
by fujikawa-t | 2017-01-11 16:58 | オーディオとレコード