ブログトップ | ログイン
fujikawa news
tfujikawa.exblog.jp
エフスタイル
新潟駅は街の中心から少しずれていて、萬代橋を渡った辺りにデパートやアーケードがあり、多くの人が行き交っています。その街並を駅からのバスの窓から眺めつつ、左手に市役所、右手に学校が固まっている地域に新潟での最後の目的地のエフスタイルがありました。
e0195193_23132264.jpg

エフスタイルのお二人、五十嵐恵美さん、星野若菜さんは、少し前にフードムードのなかしましほさんにご紹介いただき、国立のアトリエを訪ねてくださいました。短い時間でしたが、絵と場を気に入っていただき、新潟のアトリエも見に来てくださいというお話になり、今回の訪問となりました。
その場所は、お掘を埋めた新道から一本入った旧道に面していて、静かな佇まいが素敵なお店兼アトリエです。お二人の物と人を繋ぐ姿勢が充分感じられる場だと思いました。一気な変化から距離を置きつつ、永続性のある、偽りのない質を伴った物を先代から引き継ぎ次代に手渡す意識。素晴らしいことです。その点がテーマなので、私という個人がデザインしている意識はあまりないとのことでした。
一方で、買ってくださった絵があちこちに飾ってあり、どちらかというと個人的で匿名性が強くない物にも興味があるとのこと。そこが面白いなと感じました。絵を生活の道具にするという意識はありそうでなかなか珍しく、来年の春に何かこの場を使って出来ればというお話になりました。有難く楽しみなことです。
e0195193_23133553.jpg


→エフスタイルHP
by fujikawa-t | 2010-12-02 23:15 | 日記
<< 手紙月間展始まる 新潟二日目 >>